夏の美肌を保つための正しい洗顔方法とは

皮脂の分泌や汗の量が増える夏。ベタベタしがちな肌は、ゴシゴシ洗ってすっきりしたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、大人の肌は皆さんが思っている以上に繊細です。普段、何も気にせずに洗顔をしていることが肌に負担をかけている可能性もあります。負担をかけてしまうと、肌のくすみ、ゴワつきなどの肌トラブルにつながります。そこで今までの洗顔を見直すために、正しい洗顔、間違った洗顔をご紹介します。

「スッキリしたい」洗顔によくある間違い
こういう洗顔をしていませんか?

≪ NGその1 ≫ 何度も洗顔する
一日に何度も洗顔をしてしまうと、お肌は乾燥を補うために頑張って皮脂を出そうとして、皮脂の分泌が活発になり、ますますベタつきやすくなります。
また、洗顔のしすぎは潤いまで落としてしまい、夏なのに肌がツッパリやすく乾燥しがちになってしまうこともあります。これは肌のインナードライにつながります。
洗顔は朝と夜の2回だけにとどめておきましょう。

≪ NGその2 ≫ すすぎで強めに擦る
すすぎ中に肌が少しヌルッとした感じがすることがあります。
この感触は水分を含んだ育ちかけの角質です。この時に指で擦ると簡単に剥がれてしまい、後に角質が十分に育ちきれず、くすみやゴワつきやすくなってしまいます。

こういう洗顔をしていませんか?

正しい角質の落とし方

一番重要な角質のケアは毎日の洗顔です。毛穴の汚れをしっかりと落とし、油分や潤いを保つことができるようにしっかりと保湿することが大切です。
肌に負担をかけない洗顔をするためには、たっぷりの泡で肌に摩擦を与えずに毛穴の汚れを吸着する働きのある成分でやさしく洗い上げることが、正しい角質ケアへの第一歩となります。その際に、古い角質を落とす石鹸を使用することで、効率的に肌に優しい角質ケアができます。

≪ 洗顔の手順 ≫

  1. 手に汚れや油分が残っていると洗顔料が泡立ちにくくなるので、まずは手を洗います。
  2. 肌に刺激を与えない程度のぬるま湯で軽く洗います。
  3. 洗顔料を適度に泡立てます。泡立てることは汚れや皮脂をしっかりと包み込んで落としてくれるだけでなく、肌と手の摩擦を和らげてくれるクッションにもなります。
  4. 皮脂の多いTゾーンと顎から洗い始めます。指を使って円を描くように動かします。この時に指でゴシゴシせずに、なるべく手が肌に触れないように、泡で汚れを落とすイメージで優しく洗うことが大切です。また、乾燥しやすい目元や口元は泡を乗せるだけでも十分です。
  5. すすぎは丁度良いとされる33~36℃位のぬるま湯で行うことが大切です。お湯が熱すぎると必要な皮脂まで取り除いてしまいますし、逆に冷たい水だと汚れや洗顔料が落ちにくくなってしまいます。落とし残しがないように、最低でも20回以上はすすぎましょう。
  6. タオルで優しく抑えるようにして水気を拭き取ります。この時も肌を擦らないように気を付けることが大切です。

洗顔の手順

間違った洗顔方法は、乾燥、くすみ、ゴワつきなどの肌トラブルを招く原因になります。必要な潤いを奪わずに、肌に負担をかけないようにすることが大切です。この機会に洗顔を見直して、素肌本来の力を発揮させ、健康で美しい肌を手に入れましょう。