美肌の決め手は水分量!保水力UPで、ぷるるん美肌!

赤ちゃんみたいにハリがあって、みずみずしいぷるるん美肌!女性なら誰しも憧れますよね。美肌の大切な要素は「肌の水分量」なのです!ハリがあるみずみずしい肌になるためには、肌の保水力を高めてあげることが必要なのです。
今回は、お肌に水分を蓄えてあげるための秘訣をこっそりとお伝えします。

みずみずしい
ぷるるん美肌の仕組み

人の身体は、約60兆個の細胞でできています。もちろん肌も、たくさんの細胞が集まってできたもの。そのため、細胞に元気がないと肌も自然と元気がなくなってしまいます。細胞を元気に働かせるには「細胞内液」が必要になります!
「細胞内液」とは、細胞の中に含まれている水分のこと。水分がたっぷり入って、ふっくらしている細胞は元気に働いてくれますそして、細胞の中に水分を保つ力を「保水力」といい、肌の保水力を高めるには「細胞内液」を増やすことが重要なのです!保水力UPで、ぷるるん美肌!つまり!みずみずしいぷるるん美肌になるためには、
『細胞内液を増やす ⇒ 保水力を高めてあげる』ということになりますね。
とはいえ、水分を多く摂ればOKという訳でもありません。しっかりと細胞の中に水分を届けてあげなければ、みずみずしいぷるるん美肌にはなりません。

どうやって
細胞内液を増やすの?

細胞内液を増やすなんて、難いんじゃないの?
いいえ。実はとっても簡単!今日から誰にでもできる簡単な方法があります!

◆ネバネバ食材で保水力UP
よく身体に良いと聞く、オクラや納豆などのネバネバ食材。ネバネバ食材の中には「ムチン」が入っています。その名のイメージ通り、ムチンは粘性物質!糖とたんぱく質が結合してできた多糖類の一種です。保水力が優れていて、人の体内にも存在します。主に涙や胃腸や鼻などの粘膜に多く含まれ、粘膜を潤したり、体を保護する役割を果たしています。
保水力UPで、ぷるるん美肌!<ムチンの多い食材>
オクラ、なめこ、モロヘイヤ、もずく、納豆、里芋、山芋 など

◆身体を温めてあげる
身体を温めることは、細胞に全く関係なさそうな気がしますが、体温が1度下がると免疫力が30%低下するとも言われているほど、実はとっても大切!肩こりや体調不良、生理不順なども体温が大きく関係しています。保水力UPで、ぷるるん美肌!身体を温め体温を上げてあげると、胃腸や細胞が活発に働き、水分の吸収率が高まって、血液から細胞への水分補給がスムーズになるのです。
逆に体が冷えていると、細胞の働きが鈍り、水分をうまく吸収してくれません。冷えを解消してあげると身体の不調や代謝を上げるだけでなく、細胞まで元気にしてくれるんです!今流行っている「温活」。身体にとっても良いことなのです。保水力UPで、ぷるるん美肌!<体温を上げる食材>
生姜、にんにく、ネギ、にんじん、ごぼう、大根 など

寒い季節に鍋や豚汁を食べるのは、とても理にかなっているのですね!

いかがでしたか?
これなら、お金をかけずにちょっと意識するだけで、簡単に続けられますね♪
機械やサプリメントに頼る前に植物の力、そして自分の細胞の力を信じて続けてみてください。保水力UPで、ぷるるん美肌目指せ!赤ちゃんのような、みずみずしいぷるるん美肌!

<オススメ記事>自然治癒力UP!何もしない肌断食で美肌に?
http://and-flow.com/journal/2015/01/26/798/