【オイリー肌向け】メイクの基本と化粧直しのポイント!

朝にメイクをしてお昼前に鏡をみると、「顔がテカテカしている…!」なんてことはありませんか?肌によくないとわかっていても、シミやくすみ、大人ニキビ(吹き出物)など、隠したいところはついついメイクを重ねてしまいますよね。

大人ニキビ(吹き出物)で悩みがちなオイリー肌の方、実はオイリー肌(脂性肌)向けのメイク術があることをご存知でしょうか。

メイク前の準備

メイク前に、多くの方が洗顔と基礎化粧をしていると思います。この時、気をつけることは出来るだけ摩擦を起こさないことです。

【オイリー肌向け】メイクの基本オイリー肌は皮脂を過剰に分泌するため、自分の肌が潤っているように感じ、乾燥していないと思い込みがちです。

しかし、オイリー肌(脂性肌)は、乾燥や外からの刺激によって引き起こされた乾燥肌からオイリー肌となっているケースが多いのです。肌の内側がカラカラで外側がテカテカの場合は、インナードライ肌とも言います。※コスメカウンターなどでは、肌の水分量と油分を測って肌質チェックもできるので、気になる方は試してみてくださいね。

肌は乾燥すると角質層を厚くして皮脂を多く分泌し、水分を蒸発させないことで乾燥を防ごうとします。このように乾燥がきっかけで、皮脂を過剰に分泌するオイリー肌になることがあるのです。

そのため、ベタつくのが気になって乳液をつけないと余計に乾燥を招きます。また、肌を乾燥から防ぐバリア機能のある、必要な脂分をあぶらとり紙で取り除きすぎてしまうと、カラダが肌を乾燥させないようにと、さらに皮脂を分泌してしまいます。こういった行為は逆効果です。日ごろから肌にたっぷりと化粧水を浸透させてあげるなど、肌の内側からしっかりと保湿ケアをするようにしましょう。

【オイリー肌向け】メイクの基本

また、特別なお手入れ方法としては、メイク前のパックがおすすめです。パックによって肌の皮膚温度を下げる効果があります。そうすることで、メイク中の皮脂や汗をある程度防ぐことができます。

メイク中に気をつけること

オイリー肌(脂性肌)の方は、ファンデーション選びがとても重要です。物によっては油分を多く含むものもあり、そういったファンデーションを使うとさらにオイリー肌(脂性肌)になってしまう恐れがあります。【オイリー肌向け】メイクの基本

オイリー肌(脂性肌)の方にはパウダータイプのファンデーションがおすすめです。下地を塗ったら、上からパウダーを軽くあてるように塗っていきます。パウダーは余分な油分を吸い取る働きをしてくれるのです。
また、シミやくすみ、大人ニキビ(吹き出物)をカバーしてくれるコンシーラーもパウダータイプがおすすめです。
使い方はパウダーファンデーションを塗った後、気になる部分にコンシーラーをのせます。スティックタイプと比較しても、さらさらの手触りなのでオイリー肌(脂性肌)の方には使いやすいです。

さらに、マスカラやアイライナー、アイブロウなどのポイントメイクにウォータープルーフのものを使用しないこともポイントです。ウォータープルーフは水には強いのですが、脂には弱い性質があります。
そのためオイリー肌(脂性肌)の方は、お湯で簡単にオフできるタイプを使用することをおすすめします。このタイプの商品だと水だけでなく脂にも強いという性質があります。

化粧直しで気をつけること

化粧直しの際にはあぶら取り紙ではなく、ティッシュでテカリを軽く取るようにしましょう。それでも気になる場合には、ミスト状の化粧水がおすすめです。
顔全体にシュっとふきかけることでメイクの上から水分補給ができ、上からパウダーをのせることでメイクのヨレがなくなります【オイリー肌向け】メイクの基本

オイリー肌(脂性肌)の方はオイリー肌(脂性肌)向けのメイクをすることでメイク崩れを防止し、オイリー肌(脂性肌)を促進させずにすみます。
ぜひ、肌質に合ったメイク術を心がけてみて下さいね。