美肌のためにはまず美腸!胃腸ケアでツルピカ美肌に

誰もが憧れる美肌!美肌を手に入れるために肌に良いと言われるスキンケア用品をいろいろ試してケアしたことはありませんか?外側からのケアももちろん大切だけど、人の身体は食べ物からつくられています。肌は、自分と他を隔てる身体の一番外側にある境界線。その人の食生活や生活習慣が内側からにじみ出る場所。お腹の中の状態が見える場所と言っても過言ではありません。美肌になるためには、まず胃腸をケアしましょう!

胃腸ケアが美肌に大切な理由

毎日休むことなく働き続けている胃腸。ここが正常に活動できないと美肌を保つ事はかなり難しいと言われています。栄養素を消化吸収する胃腸が不調になると、必要な栄養が全身に行き渡らず、肌も荒れてしまいます。そして身体に悪いものばかり食べていると、その成分を胃腸が消化吸収し全身に行き渡り肌にも現れてきてしまうのです。胃腸はお肌と密接に繋がっています。胃腸をケアすることが健康と肌のケアに繋がります。肌の状態は胃腸の状態なのです!

胃腸に優しい生活習慣とは?

胃腸はストレスにも弱い器官。「お肌の調子が悪いな」と思ったときは、食生活と生活習慣を見直して胃腸のケアをしてあげましょう!

食事は腹八分目にする
常にフル稼働させるのではなく、少し余力を残してあげることで胃腸の負担が減ります

食事は良く噛んでリラックスして食べる
食べ物をしっかり噛むことで消化作用のある唾液が分泌され、食べ物も細かく消化されやすくなります胃腸への負担も激減し吸収率もUPします。そして、噛むことで脳の満腹中枢が満たされ、食べ過ぎ防止にも効果があります。美肌のためにはまず美腸!胃腸ケアでツルピカ美肌に

冷たいものは避ける
胃腸がしっかり働いてくれる温度は、体温プラス1~2度の37度ほどと言われています。それより温度を下げてしまうと胃腸の働きは鈍くなり、冷たいものを食べたり飲んだりすると胃腸は疲れてしまいます。疲れた胃腸を休ませるためにも冷たいものは避けて、なるべく温かいもので胃腸をケアしてあげましょう。

乳製品と肉類は控えめに摂る
乳製品には日本人の体質では上手く分解できない糖分が入っています。そして腸内の悪玉菌は肉類が大好物!肉類を摂りすぎると悪玉菌が増え、腸内で腐敗しやすくなります。どちらも胃腸の負担になってしまいます。胃腸が疲れているときは、なるべく乳製品と肉類を控えるようにしましょう。美肌のためにはまず美腸!胃腸ケアでツルピカ美肌に

断食で消化器官を休めてあげる
現代は身の周りに食べ物が溢れ、必要以上に食べ過ぎていると言われています。断食をすることで消化吸収を行う胃腸を休め、滞留している老廃物の排泄を促し、胃腸をキレイにしましょう。

◆たっぷり睡眠をとる
身体が疲れているときは胃腸の働きも弱まっていることが多いと言われています。食欲が湧かないときは睡眠をたっぷりとり「気」を補ってあげましょう。たくさん寝ることで胃腸の働きが改善し、快食・快便につながります。美肌のためにはまず美腸!胃腸ケアでツルピカ美肌に
胃腸が弱っている時は「
ああ、夏か!」を覚えておきましょう。

ぶらっこいもの
まいもの
まもの
めたいもの
らいもの
= あ・あ・な・つ・か

食べる物で身体は変わります。これらは胃腸の負担になってしまうので、胃腸が弱っているときは、なるべく避けてあげると良いそうです。

腸には体内の免疫細胞の60%以上が存在し、人の身体の中で最大の免疫器官と言われています。胃腸の不調は肌だけでなく、様々な身体の不調の原因になります。腸の健康を保つ = 病気や老化の予防となります。英語でガッツ(guts)という言葉には、根性・やる気の他に「内臓」の意味もあります。ガッツがある人は内臓も元気なのです!美肌のためにはまず美腸!胃腸ケアでツルピカ美肌に

そして潤いのあるツルピカ美肌で毎日楽しく過ごせるように、たっぷり保湿をして外側からも肌をしっかりケアしてあげましょう。

&flowソープは生命の源である種子の栄養をたっぷり含んでいます。生もののような感触と、洗うほどに呼吸し、潤い目覚めていく肌。汚れを落とすのではなく、馴染んで手放す感覚のノンケミカルの熟成石けん。美容成分がたっぷり入っているので、まさにお肌のごちそう!ご自身のお肌にピッタリのせっけんで、お肌のケアをしてくださいね♪

<オススメ記事>美肌の決め手は水分量!保水力UPで、ぷるるん美肌!
http://and-flow.com/journal/2015/01/02/679/