日焼けにはトマト!食べて(飲んで)寝るだけの紫外線ケア

これからどんどん暑くなり、日焼け止めや日傘で紫外線対策をしても焼けてしまうほどに日差しが厳しくなってきます。そんな時はトマトを食べて内側から紫外線ケアをしましょう!今はトマトが旬でとっても美味しい季節です。身体を冷やし、のどの渇きを潤してくれる作用もあるので、夏バテにもぴったりなんですよ~!

トマトの選び方

トマトは涼しくて強い日差しを好み、高温多湿を嫌うの性質があるので春~初夏秋~初冬が旬と言われています。

・皮に色ムラがなくツヤとハリがある
・ヘタの緑色が濃くピンとしている
・実が引き締まって固いもの
・ずっしりと重いもの
・全体がまるいもの日焼けにはトマト!食べて(飲んで)寝るだけの紫外線ケアトマトは真っ赤に熟しているものほど栄養価が高く、重いものほど甘くておいしいと言われています。しおれていたり、黄色っぽくなっているものは鮮度が落ちている証拠。皮にハリがあり、全体の色が均一なトマトを選びましょう。保存するときに緑色の部分がある場合は常温で追熟し、完熟トマトはポリ袋などに入れてへたを下にし冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

トマトの栄養素

真っ赤なトマトには栄養がたっぷり!イタリアに【トマトが赤くなれば医者が青くなる】ということわざがあるほど栄養満点な緑黄色野菜です。品種によって多少異なりますが、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、リコピン、カリウム、食物繊維、鉄分、カルシウム、クエン酸など他にもたくさんの栄養素があります。いろんなアレンジができる万能野菜で、美容や健康・ダイエットにも良いと言われています。日焼けにはトマト!食べて(飲んで)寝るだけの紫外線ケア

・リコピン
強力な抗酸化作用を持ち、ガンや動脈硬化を予防する働きもあると言われ、熱に強い性質があります。肌の老化を予防し、活性酸素を減らす働きも知られています。また、脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるので生活習慣病の予防ダイエットにも最適です。

・カリウム

カリウムには、体内の余分な水分と塩分を排出する作用があるため、むくみの改善高血圧の予防に役立ちます。

・食物繊維

腸内環境を整え便通を促してくれます。コレステロール値を下げる働きがあるため、便秘の改善生活習慣病の予防に効果的と考えられています。日焼けにはトマト!食べて(飲んで)寝るだけの紫外線ケア

・クエン酸
トマトの酸味成分。疲労回復胃粘膜の健康を保つ働きがあるため、夏バテなどで体力が消耗している方にオススメです。

・ケルセチン

トマトの皮に多く含まれる成分で、血管を丈夫にする働きがあると言われています。動脈硬化の予防が期待できます。

・グルタミン酸

うまみ成分のひとつ。内蔵脂肪の蓄積を防いでくれるので、生活習慣病の予防に効果的と言われています。グルタミン酸には天然保湿成分が多く、摂取すること美肌効果があると知られています。

さらに、トマトには脂肪燃焼効果や、アルコールを分解する時間を速くし、血液中のアルコール濃度を下げる効果もあると言われています。飲み過ぎにはくれぐれも注意が必要ですが、お酒を飲む時に一緒に食べると、翌日少し楽になるかもしれませんね。

肌に効果的な摂取方法

トマトは熟して赤くなればなるほどに栄養価が高くなります。食べた後、成分が肌に到達するまでは6~8時間ほどかかると言われています。効果的に摂るためには夜寝る前にトマトを食べたり、トマトジュースを飲みましょう。そうすると朝、起きたときに肌に有効成分が到達してくれています。

・普通のトマトの場合…2~3個
・ミニトマトの場合…約10個
・トマトジュース…200ml

日焼けにはトマト!食べて(飲んで)寝るだけの紫外線ケア上記が紫外線対策として1日に必要なリコピンを摂るための目分量。真っ赤なトマトの方が含有量や吸収率も良いと言われています。トマトジュースには完熟トマトが使用されているのでリコピンを目的で摂る場合はトマトジュースを飲むと効率的かもしれません。また、リコピンは油で加熱することによって吸収率がより高まるので、食べる際は煮込み料理ミネストローネなどのスープにするのがオススメです。

オススメの食べ合わせ

・トマト + 豆腐 ⇒ ほてりの解消
身体の熱を冷ますトマトと、水分を補い身体を潤してくれる豆腐を組み合わせてグラタンに!熱がこもり、ほてっている時にオススメの組み合わせです。

・トマト + バジル ⇒ 食欲増進
トマトもバジルも胃腸の働きを高め、消化促進する作用があります。トマトの赤い色とバジルの緑色がとても鮮やかで、バジルの香りが食欲を高めてくれます。日焼けにはトマト!食べて(飲んで)寝るだけの紫外線ケア

★豆知識

よくサラダなどに一緒に入っているキュウリトマト。実は食べ合わせの相性が良くありません。キュウリはビタミンCを壊す作用があるとも言われています。合わせるときは酢も一緒に摂りましょう。酢を一緒に使うことでビタミンCを壊す作用を弱めてくれるそうです。
そしてトマトの中にはカリウムが含まれます。腎臓の働きが低下している方がカリウムを摂りすぎると、心臓に負担がかかる可能性があると言われているので、注意してください。

白くてシミの無いキレイな肌を目指すには紫外線対策は必須。日焼け止めや日傘など外側からの対策だけでなく、トマトをたくさん食べて内側からも紫外線対策をしましょう!化粧品で肌が荒れて、日焼け止めを塗りたくない…。そんな時もトマトが活躍してくれそうですね。