身体のバランスを整える【気・血・水(津液)】で体調管理

漢方では、身体は『気・血・水(津液)』からつくられていると考えられています。この3要素がバランスよく正常に体内を循環することで健康が保たれているので、気・血・水(津液)のどれかひとつでも量や流れなどのバランスが崩れると心や身体に不調があらわれるとされています。
どれか1つに異常が起きている場合、「気」と「血」など2つの要素に異常が起こっている場合、3つの要素すべてに異常が起きている場合もあります。今回は気・血・水と、それに関係する特徴体質と改善方法をご紹介します。

気・血・水(津液)って
なに?

身体は5つの内臓を中心に活動しています。五臓が円滑に活動して飲みものや食べものから作られる栄養(血・水)と機能(気)が、バランスよく身体をめぐっていることが健康な状態です。五臓のどこかに不調が発生して、身体がうまく機能しなくなると病気につながると考えます。気血水の巡りや過不足は、その環境によっても変化します。身体のバランスを整える【気・血・水(津液)】で体調管理


人間の体の中を巡っている生命エネルギー。“気”は精神的なエネルギーで、血と水を統制します。気が満ち足りていると、やる気・勇気・意欲・意志の強さ・情熱・自信に溢れます。逆に気が足りていないと、精神的・神経的・機能的変調があらわれます。
陰陽に分けると気は陽(よう)を担っています。


全身に栄養と潤いを運ぶ血液と血液の循環作用。“血”は血液・健康面・持久力・パワーなどの肉体的・身体的エネルギーで、気とともに動きます血が満ち足りていると健康で活力が出たり、活動的・行動的・持続力・実行力に溢れます。逆に血が足りていないと、血液循環や心、肝などに変調があらわれます。
陰陽に分けると「血」は水と共に陰(いん)の部分を担っています。

水(津液)
全身を潤す血液以外の体液(胃液、腸液、汗、涙、唾液など)。“水”は体温・水分の調節、排泄と浄化のバランスを保っており、気と血の調整をします。水が保たれていると過不足を補う・人の和を図る・柔軟になる・順応性に溢れます。逆に水のバランスが崩れると、体液や水分代謝などに変調があらわれます。
陰陽に分けると「水」は血と共に陰(いん)の部分を担っています。

陰(いん)と陽(よう)ってなに?

陰と陽は、もともと『月と太陽』をあらわし相反する関係を指します。(下と上、寒と暖、夜と昼、女と男etc)漢方では、この陰と陽がお互いに抑制・協力し合ってバランスのとれた状態を良い状態と考えています。食材にも陰と陽があり、身体に合う食材を組み合わせた食事を『薬膳』といいます。
・冷やす性質のある食材:(セロリ、なす、トマト、ゴーヤ)
・温める性質のある食材:(生姜、にんにく、かぼちゃ、大根)身体のバランスを整える【気・血・水(津液)】で体調管理

5つの内臓が正常に機能するには栄養(血・水)と機能(気)のバランスが必要で、3要素のバランスを陰と陽であらわしています

<例>

身体を車にたとえると気はタイヤ(機能)血と水はガソリンやオイル(栄養)となります。車を動かすのにガソリンやオイルは質が問われますよね!そしてタイヤがなければ車は走らせることができません。どれがひとつでも欠けてしまうと、車は走ることはできなくなってしまいます。身体も同じなのです。

気・血・水(津液)の異常と
身体の不調

気・血・水のバラ ンスが崩れると、身体に体調不良などの症状があらわれます。身体のバランスを整える【気・血・水(津液)】で体調管理
【気の不調】
◆気虚(ききょ)
「気」が足りず体力が落ちている状態。気虚体質は胃や腸が弱く、消化吸収機能が低下していることにより、上手に気が作られず、不足してしまっています。

特徴体質:汗っかき、いつも身体がだるく疲れている、ぽっちゃり体型、食欲がなく胃もたれしやすい
改善方法:身体を温める食材を摂り、良く噛んで食べる。睡眠をたっぷりとり、早寝早起きを習慣づける。運動はヨガやウォーキングなどのゆったりしたものがオススメ。


◆気滞(きたい)

「気」の流れが悪くなり不調を起こしている状態。身体や心がストレスを感じると、気の流れが悪くなり気滞体質になってしまいます。

特徴体質:怒りっぽくイライラしがち、お腹が張りやすい、ゲップやおならがよく出る、生理前に不調が起きやすい
改善方法:辛味のあるものや、香りのあるもの、カルシウムやミネラル類も補給しましょう。身体を動かしたり、歌ったりしてストレス発散をし、アロマテラピーやマッサージでリラックスをするのも効果的です。

【血の不調】
◆瘀血(おけつ)
「血」の流れが滞って汚れが溜まってしまっている状態。血液と血液が運ぶ栄養素や酸素、ホルモンの巡りが悪くなり、汚れが溜まると瘀血体質になります。

特徴体質:顔色が悪くシミが多い、目にクマができやすい、肩や首のコリがひどい、鮫肌になりやすい
改善方法:身体を温めて血行を良くする。ニンニクやショウガなどの辛味のある薬味や野菜を摂る。調味料は酢が最適。身体を冷やさないよう冷房などにも気をつける。ストレッチなどをし骨盤周りの血行を促してあげましょう。

◆血虚(けっきょ)
「血」が不足し身体が栄養不足になっている状態。身体の様々な部位に栄養を巡らせる血が不足していると血虚体質になります。

特徴体質:顔色が悪い、肌が乾燥している、髪がパサつく、身体つきが薄い
改善方法:鉄分の多い食材を積極的に摂り、適度にレバーなどの肉類も食べる。 黒い食材や赤い食材、ナッツやドライフルーツもオススメ。長風呂や熱いお風呂は避けましょう。

【水の不調】
◆水毒(すいどく)
水の代謝が悪く体内に水分が溜まっている状態。特に腎臓の働きが低下していると水分が身体に溜まりやすく水毒体質になると考えられています。

特徴体質:手足が冷えやすい、むくんでいる、下痢になりやすい
改善方法:水分を摂りすぎないようにし、利尿作用の高い食材を積極的に食べましょう。身体を温める食事もオススメ。階段の上り下りなどで汗をかく習慣を身につけましょう。

身体のバランスを整える【気・血・水(津液)】で体調管理【陰と陽(気血水のバランス)の不調】
◆陰虚(いんきょ)
身体に潤いをもたらす「陰」が足りず潤い不足になっている状態。体内の水(津液)が少なくなった時、体内の血が少なくなった時(血虚が進行した状態)に陰虚体質になります。陰の気は年を重ねるごとに減るので、更年期が近い40歳以降によく見られます。

特徴体質:頭がのぼせやすい、顔がほてりやすい、のどや目がよく乾く、便秘がち、やせ型で食べても太りにくい
改善方法:果物などの甘味で酸性の食べ物を多く摂る、辛味が強い胡椒やニンニク、からしや生姜などの薬味は控える。ストレスを溜めないようにたっぷり睡眠をとり、早寝早起きを心がける。

◆陽虚(ようきょ)
身体を温める「陽」が少なく身体が冷えている状態。身体が冷えやすく、腰痛や関節痛があったり、下痢をしやすい特徴が陽虚体質です。

特徴体質:顔色が青白い、華奢、手足が冷たく下半身が冷えやすい、冷えると腰や関節が痛む
改善方法:身体を冷やすものは避け、冷たいものは温めて食べる。身体を温めてくれる生姜やシナモンなどを積極的に摂るのがオススメ。日光を浴びて散歩をすると陽の気が高まります。

◆陽熱(ようねつ)
ストレスなどで身体に熱がこもっている状態。飲酒や脂肪分の多い食事、ストレスで身体に熱がこもり不調になっているのが陽熱体質です。

特徴体質:髪の毛が脂っぽい、暑がり、吹き出物がよくできている、がっちりして太り気味
改善方法:味の濃いものやカロリーが高いものは控える。身体の熱をとるセロリやなす、キュウリや冬瓜などの野菜を食べる。飲み過ぎや食べ過ぎに注意し、汗を流す運動がストレス発散にオススメ。


【年齢などによる体質】

◆高齢者
胃腸の働きが弱まっているので、生ものや身体を冷やすものは避け、消化が良いものを食べるようにしましょう。やせ型の人は香辛料を摂りすぎると、のぼせる原因となるので注意しましょう。肥満型の人は脂っこいものを避けましょう

◆子供
栄養分は胃腸から吸収されます。成長期なので発育を妨げないよう胃腸を守る食事を心がけましょう。甘いものは食欲不振の原因となります。また香辛料は胃腸の負担となるので、なるべく控えましょう。飲み物は白湯(さゆ)が最適で、お茶だとカフェインを含まない麦茶・コーン茶を飲みましょう。

◆妊婦
妊婦は暑がりになりがちなので、身体の熱をとる野菜や果物を食べましょう。気を降ろす性質のある食材は、流産に繋がる可能性もあるので注意が必要です。お酒や辛過ぎるものは避け、甘い物も摂りすぎないようにしましょう。身体のバランスを整える【気・血・水(津液)】で体調管理

いかがでしたか?自分がどれに該当するか解っていると、日ごろから食事や運動などで症状が深刻化する前に対処できますよね。毎日を楽しく健康に過ごすためにも、自分の大切な身体の些細なサインに気付いてあげましょう!