身体も除湿を!雨の日の体調不良の原因と改善方法

雨が降ると【頭が痛くなる】【古傷が痛む】などの症状があらわれたりしませんか?天気と体調は深い関係があるため、気圧・気温・湿度によって私たちの身体は知らない間に影響を受けてしまいます。気象の変化が影響して身体に何らかの症状が出たり、悪化したりする病気を現代では【気象病】と言い、中医学でも1000年以上前から気温や湿度の変化と体調の関係が重視されています。その中でも、今回は梅雨に高くなる湿度に注目してお話をしたいと思います。漢方では、梅雨のように湿気が多い時に起こるトラブルは湿邪(しつじゃ)によるものだと考えられています。

湿邪(しつじゃ)ってなに?

雨などで大気に水気が増えた状態を湿(しつ)と呼びます。この湿が増えると体に悪さをする湿邪(しつじゃ)となります。湿邪は身体の中に溜まった「余分な水分」がうまく排出されないことで引き起こる様々なトラブルのこと。梅雨のように湿度が高い時期の他に、濡れた服を長時間着ていたり、雨にあたることも湿邪の要因となります。身体も除湿を!雨の日の体調不良の原因と改善方法

湿邪(しつじゃ)の症状

以下のような症状が出ている人は湿邪による身体の不調かもしれません!

・頭重感、頭痛(偏頭痛)、関節痛
・浮腫(むくみ)
・食欲不振、胃もたれがする
・体が重だるい、手足がだるい
・口内炎ができる
・舌苔が増える
・疲れやすい
・気分が乗らない身体も除湿を!雨の日の体調不良の原因と改善方法

湿気によって最も影響を受けやすいのは胃腸などの消化器系と言われているため、天気の悪い日や梅雨どきは食欲が出なかったり、胃がもたれるなどの症状が出やすくなります。胃腸の機能が低下し、食物の消化力が落ちると身体に十分なエネルギーが補給されず、疲れやすくなると漢方では考えられています。また、湿気は身体の浮腫(むくみ)を生じやすく、身体が重い、疲れが取れない、だるい、気分が乗らないなどの症状がおこりやすくなります。

湿邪(しつじゃ)の原因

湿邪によるトラブルは、大きく分けると大気中の湿度が高くておこる【外湿】体内で体液が停滞している【内湿】の2つの要因があると言われています。また、梅雨の時期は外湿により内湿になりやすいと言われています。

◆外湿による湿邪
~環境や気候など、身体の外側からの影響~
大気中の湿気が高い時は、晴れている日に比べて動きが緩慢になり、エネルギーも消耗しやすくなると言われています。大袈裟に例えると、プールの中を歩いているような感じですね。そして湿気により汗腺が覆われることで汗が出にくくなり、体内に水分が溜まってゆきます。スポンジが水を吸うと重くなるように身体も重くなり、身体が重くなることで関節が痛くなることもあります。漢方ではリウマチは湿邪に強く関与していると考えられています。
また、湿気が多いとカビが繁殖しますが、人の身体にも同じように舌に白い苔が増えて厚ぼったくなったりもします。舌苔が多い方は、湿邪に犯されている可能性が高いです。
さらに身体だけでなく心にも影響を与えると考えらていて、気分が乗らなかったり、落ち込みやすくなる傾向があります。湿気の多い梅雨時期や雨の日に体調が悪くなってしまう方は、外湿による湿邪に当てはまります。身体も除湿を!雨の日の体調不良の原因と改善方法

◆内湿による湿邪
~体質や食事・不摂生など、身体の内側からの影響~
湿気の影響を受けやすいかどうかは体質とも深く関係しています。汗をあまりかかない方トイレに行く回数が少ない方浮腫(むくみ)やすい方は身体の水分代謝が悪く、湿を溜めやすい体質です。胃腸が弱い方も湿気による影響を受けやすいと考えられています。その他にも、脂っこいもの、お酒、アイスクリームや生もの、甘いものや冷たいものを食べ過ぎると身体の中に湿が溜まりやすくなります。身体も除湿を!雨の日の体調不良の原因と改善方法

湿邪(しつじゃ)の改善方法

湿邪によって引き起こされる様々な症状の予防や改善には、気象や環境の変化に負けない身体づくりが大切になってきます。生活面での対策食事面での対策をご紹介します。

◆生活面での対策
・朝起きたらカーテンを開ける
・身体を冷やさないようにする
・エアコンのつけっぱなしに注意する
・室内の湿度を40~60%に保つ
・ストレッチやマッサージ、軽い運動をする
・汗をかいたら湿ったタオルで拭き取る
・ゆっくりお風呂に入り、汗をかいてリラックスする
・しっかり睡眠をとる

◆食事面での対策
・冷たい飲み物や食べ物を控える
・甘い飲み物や食べ物を控える
・生ものを控える
・肉類を食べすぎないようにする
・お酒を飲み過ぎないようにする
・脂っこいものを食べすぎないようにする
・香味野菜を食事に摂り入れる身体も除湿を!雨の日の体調不良の原因と改善方法

~症状別おすすめ食材~
★食欲不振・頭痛・頭重・吐き気・むくみ(水分代謝の悪い人)
胃腸回復:ごはん・長芋・かぼちゃ・さつまいも・ナツメ
利尿作用:とうもろこし・小豆・そら豆・はとむぎ・スズキ

★下痢・腹痛・手足の冷え・むくみ・関節痛(身体が冷える人)
身体を温める:生姜・にんにく・ネギ・にら・とうがらし・海老・シナモン

★熱がこもる・のどが渇く・口臭・にきび・重だるい・頭痛・お腹が張る(脂っこいもの・香辛料が好きな人)
身体の熱をとる:ゴーヤ・トマト・きゅうり・大根・昆布

★胃腸の不調・下痢・軟便・アトピー性皮膚炎・皮膚疾患・水虫・目やに・眠気・めまい・関節痛(その他の症状)
オススメ食材:しそ・ゆず・らっきょう・ミカンの皮などの香り成分のあるもの。

人の身体は約60%が水分でできていると言われています。身体の水分バランスと、水分のめぐりはとても大切なことなんです!身体も除湿を!雨の日の体調不良の原因と改善方法

いかがでしたか?私たち人間の身体は自然の力に大きく左右されます。日本には四季があり、季節によって気象の変化が多い国。さらに近年ではゲリラ豪雨などの異常気象も増えてきました。普段から気象や環境の変化に負けない身体づくりを心掛けて、雨の日でも快適に過ごせるようにしましょう!

<オススメ記事>身体のバランスを整える【気・血・水(津液)】で体調管理
http://and-flow.com/journal/2015/06/09/1465/