アンチエイジングや妊活に!体質改善効果抜群のルイボスティー

いろんな種類のダイエット健康茶が流行っていますが、ルイボスティーはご存知でしょうか?美容に敏感な方や妊娠・授乳中の方、体質的にカフェインに敏感な方はその効果を知っているかもしれません。今回は体質改善効果が盛りだくさんな上に、美容・健康に最適な「不老長寿のお茶」と言われるルイボスティーのお話です♪

ルイボスティーってなに?

ルイボスティーは南アフリカで生まれたお茶。昼と夜の寒暖差が平均20度以上もあり、太陽が照りつけるとても乾燥した山脈地帯の厳しい環境の中で、大地に深く根を張り、土からミネラルなどたくさんの栄養を吸い上げて力強く育っている生命力溢れる樹木。南アフリカの中でも鉱物が豊富に含まれるセダルバーグ地方の一部でしか育ちません。ルイボスには「赤い藪(やぶ)」の意味があり針葉樹のような細い葉を発酵・乾燥させたものがルイボスティー。茶葉は赤っぽい色をしています。
アンチエイジングや妊活に!体質改善効果抜群のルイボスティールイボスは豆科の植物なので、緑茶や紅茶・中国茶等の「お茶」とは全く種類が異なります。昔から南アフリカの先住民の間で「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として日々健康のために飲まれ続けてきました。ルイボスティーには身体の老化の原因とされている余分な活性酸素を除去できる酵素【SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ) 様酵素】をたっぷり含んでいます。この酵素がルイボスティーの人気の秘密!

ルイボスティーの特徴と効果

ルイボスティーは、ほとんどクセが無くほんのり甘い、とても飲みやすいスッキリとした後味のお茶です。具体的にどんな効果があるのか見てみましょう!

◆アンチエイジング効果
私たちの身体は酸素を吸って呼吸するたびに老化(酸化)してゆきます。ルイボスティーは抗酸化作用がとても強く、その力は緑茶の82倍もあると言われる程!活性酸素を除去するSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ) 様酵素をたくさん含んでいます。活性酸素は本来身体を守ってくれる存在ですが、数が増え過ぎると身体の抵抗力や免疫力を低下させてしまう特徴があり、生活習慣病を始め全ての病気の85%以上の原因が活性酸素とも言われています。体内から活性酸素を除去することにより、老化の原因となるシミ・シワ・そばかすを作らない身体に体質を改善してくれるアンチエイジング効果の高いお茶なのです。アンチエイジングや妊活に!体質改善効果抜群のルイボスティー

◆美肌効果
美容の天敵である肌荒れ吹き出物。さらには抜け毛などのトラブルの原因も実は活性酸素。ルイボスティーで活性酸素を減らしてバランスを整えてあげることにより、美しく健康な肌を保つことができます。その他にも、マグネシウムやカリウムといったミネラルビタミンCカルシウム、フラボノイドやポリフェノールなど美肌作りに欠かせない成分もバランス良く含まれています。アルファヒドロキシ酸(AHA)と呼ばれるフルーツ酸も入っているので続けることによって美肌効果が期待できるのです。

◆妊活や生殖器機能の正常化
ルイボスティーは不妊症にも効果があると言われています。体内の生殖器の老化は非常に早く、ほとんどの原因が活性酸素です。ルイボスティーの強い抗酸化作用で余分な活性酸素を除去することによってホルモンバランスが整い卵子の老化を遅らせることができると言われています。また不妊には亜鉛不足も関係しており、普段の生活で補うことが難しい亜鉛も含まれていることが妊娠しやすい身体へと導いてくれる理由なのかもしれません。卵子だけでなく精子にも良いのでパートナーと一緒に飲むと一層効果があらわれるかもしれません。アンチエイジングや妊活に!体質改善効果抜群のルイボスティー

◆ダイエットや代謝の改善
ルイボスティーには腸の中の水分を増やしてくれるマグネシウムが豊富なので便通がスムーズになると言われています。抗酸化作用で腸内にいる悪玉菌を排除することによって善玉菌が増え、腸内環境が改善されることにより血液がサラサラになり、お通じも良くなると言われています。さらに新陳代謝を促してくれる成分も含んでいるので冷え症ホルモンバランスも改善され、体内の毒素を外に排出する効果が高まります。そしてゼロカロリーなのでダイエット代謝の改善に最適です。

◆アレルギーや皮膚炎の改善
ルイボスティーに含まれるSOD(スーパー・オキサイド・ ディスムターゼ) 様酵素という成分は花粉症鼻炎アトピー性皮膚炎喘息などにも有効な作用をもたらすと言われています。その効果は皮膚科のお医者さんが勧めることもある程!アトピー性皮膚炎などで身体をかいてしまうと肌のストレスになり、皮膚や体内に活性酸素が発生します。活性酸素を抑える効果のあるルイボスティーは皮膚疾患にも効果があるんです。しかし薬と違い、すぐにかゆみを抑えるものではないので、日常的に飲み続けることで体質が改善してゆくと考えられています。飲むだけでなく入浴剤として活用しても効果があるそうです。

◆ノンカフェインで副作用が無く身体に優しい
カフェインを避ける傾向が高い海外に比べて、日本ではあまり気にしない方が多いのですが、カフェインを日常的に摂取し続けているとアルコールと同じように肝臓などの器官に負担をかけることがわかっています。興奮剤でもあるカフェインを大量に摂取すると、強い不安感パニック発作など、身体ばかりでは無く心にも影響を与えてしまうことが確認されているそうです。赤ちゃんが摂取するとイライラや情緒不安定になってしまったり、夜泣きの原因にもなると言われています。アンチエイジングや妊活に!体質改善効果抜群のルイボスティールイボスティーはカフェインが含まれていないため、赤ちゃん幼児子供お年寄りなど世代を超えて安心して飲むことができるお茶です。また、妊娠中にカフェインを多く摂ると、胎盤を通して胎児もカフェインを摂取することになります。胎児はカフェインを体外へ排出する力が弱いため身体の中にカフェインが溜まってしまうことになります。「妊娠中にカフェインを摂るのは良くない」と言われるのは、このためなのです。

ルイボスティーの上手な淹れ方

ルイボスティーはお湯を入れるだけでも美味しく飲めますが、煮出すとより一層成分の抽出ができ、味わいもマイルドになるので、煮出して飲む方がオススメ!

<材料>
・ルイボス茶葉…3.5g ※大さじ1杯(ティーバッグ1包)
・水…1.5リットル

<手順>
1:やかんに1.5リットルの水を沸騰させ、茶葉(大さじ1杯分3.5g程度)もしくはティーバッグを入れます。
2:ふたを開けたまま中火で5~10分くらい煮出したら火を止めます。長く煮出すと、より濃厚なルイボスティーが出来上がります。アンチエイジングや妊活に!体質改善効果抜群のルイボスティー

◎アイスで飲みたい場合
煮出した後に自然に冷めるまでそのままにしておきます。熱がとれたら冷蔵庫などに保存。
※冷めたら煮出した茶葉を取り出してください。

★ポイント

ルイボスティーの成分をより抽出したい方は20~30分ほどじっくりと煮出しましょう!少なめの水で長く煮出すほど成分が濃厚になります。ルイボスティーはノンカフェインなので、どれだけ煮出しても渋みが強くなることはありません。お好みに合わせて時間を調整してください。

飲み方もいろいろ

◆ハニールイボス
濃いめのルイボスティーにハチミツを入れるだけ。のどが痛い時にオススメです。

◆ルイボスミルクティー
濃いめのルイボスティーにミルクを入れるだけ。気分が落ち着きます。お好みでハチミツやジャムを入れても美味しいです。ノンカフェインなので寝る前にオススメです。

◆ルイボス梅茶
熱いルイボスティーに梅干しを入れて実を崩しながら飲みます。疲労回復にオススメです。

◆ウィスキーや焼酎で割る
ルイボスティーに含まれる成分が肝臓の働きを助けてくれるので、アルコールとの相性もOK。二日酔い防止にオススメです。

◆フレーバードリンク
ルイボスティーをオレンジジュースなどで割って、一口大に切ったフルーツとシナモンなどのスパイスを少し加えれば完成!フルーツの酵素も摂れて美容に最適!デザート感覚で楽しめるドリンクです。アンチエイジングや妊活に!体質改善効果抜群のルイボスティー

ルイボスティーアレンジ術

◆化粧水として
グリセリンと合わせて化粧水に。活性酸素を除去するルイボスティーのSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ) 様酵素や、フルーツ酸であるアルファハイドロキシ酸(AHA)にはおだやかなピーリング効果があるので美肌効果があるとされています。※使用前に必ずパッチテストを行ってください。

◆入浴剤として
使い終わった出し殻を入浴剤として利用しましょう!ルイボスティーのお湯は肌の乾燥はもちろんスベスベ美肌に欠かせないポリフェノールの一種フラボノイドやミネラルが豊富。紫外線をたくさん浴びて日焼けしてしまった肌や、汗によるダメージ肌にも効果があると言われています。ベタつき感がなく身体全体を優しくケアしてくれます。良質のミネラルをたっぷり含んだお湯は入浴の質を高めてくれそうですね。アンチエイジングや妊活に!体質改善効果抜群のルイボスティー

◆ルイボスカレー
カレーを作るとき、水の代わりにルイボスティーを入れると肉が柔らかくなります。カレー以外にも、肉や魚を漬けて調理すると臭みがとれて柔らかくなると言われています。
その他、茶がらを観葉植物などの肥料として活用したり、お茶を入れた後もゴミが出ない程に活用方法が盛りだくさん!

いかがでしたか?こんなに身体に良いこと尽くしのお茶なら、飲まなきゃ損ですね!無印良品などでも手軽に入手できるので、気になった方は是非飲んでみてください♪