天然のバリア”皮膚常在菌”が美肌の秘訣!

みなさんは”肌のバリア機能”ってご存知ですか?外部の刺激から守ったり、潤いを保ったりする肌のバリア機能。実はこの働きには【皮膚常在菌】が大きく絡んでいるのです!「菌」というとあまり良いイメージがないかもしれませんが、私たちにとって健康や美肌を維持する上で欠かせない大切な存在!今回は、そんな皮膚常在菌の役割や種類、育ちやすい環境をご紹介♪

皮膚常在菌とは何か?

人の身体には”常在菌”と呼ばれるたくさんの菌が棲んでいます!肌の表面には1兆個ほどの菌が存在していると言われていて、その中でも皮膚に棲んでいる菌が皮膚常在菌。どんなに清潔にしている人でも必ず棲んでいるんですよ~。天然のバリア”皮膚常在菌”が美肌の秘訣!種類や数は人によって異なり、菌のバランスによって肌の調子が左右されます。健康な肌では、雑菌や悪玉菌の繁殖を抑えて肌の潤いを保ち、皮脂膜を作って肌を刺激から守ってくれています。しかし、ストレスや体調不良で皮膚常在菌のバランスが崩れると、肌を守る力が弱くなり、一部の菌が肌で悪さをしてしまいます

皮膚常在菌の種類と役割

代表的な皮膚常在菌は以下の3つ。肌でどんな働きをしているか見てみましょう!
天然のバリア”皮膚常在菌”が美肌の秘訣! ◆表皮ブドウ球菌
表皮ブドウ球菌は、皮脂を脂肪酸とグリセリンに分解します。脂肪酸は酸性なので皮膚を弱酸性に保ち、アルカリ性が大好きな雑菌や黄色ブドウ球菌が増えるのを防いでくれます。さらに、保湿成分のグリセリンが肌を覆って潤いを保ってくれます

◆アクネ菌
ニキビの原因菌として有名
ですが、普段は表皮ブドウ球菌と同じように働き、皮膚を守ってくれる大切な菌。しかし、ホルモンバランスの変化食事が肉類に偏ったり、ストレスで皮脂が過剰に分泌されて毛穴を詰まらせると、毛穴に棲んでいるアクネ菌が異常増殖し、炎症を起こしニキビができてしまいます

◆黄色ブドウ球菌
食中毒の原因菌としても有名
な菌。肌にもかなりの数が棲んでいます。普段はおとなしくしていますが、肌の洗い過ぎなどで表皮ブドウ球菌が少なくなり、皮膚がアルカリ性に傾くと活発になり、肌に炎症やかゆみを起こします。とびひは、この菌が原因と言われています。

常在菌を育てる環境とは?

常在菌は、洗顔と入浴で90%も洗い流されてしまうと言われていますが、育ちやすい環境を整えてあげれば数十分~12時間ほどで肌に戻ってきてくれます天然のバリア”皮膚常在菌”が美肌の秘訣!◆以下の内容を心がけよう!
・洗顔をし過ぎない
・長湯をし過ぎない
・入浴や運動で汗をかき血行を良くする
・化粧水や乳液などで過度なケアをしない
・週に1日は化粧をしない日をつくる
・なるべく化学物質は肌につけない
・紫外線対策をする
・エアコンなどによる肌の乾燥を防ぐ
・ストレスを溜めない
・しっかり睡眠をとる
・バランスのよい食事をとる
・腸内環境を整える
・身体を冷やさずに温める

そうです!身体に良いことをすると常在菌も元気に育ってくれるんです! 天然のバリア”皮膚常在菌”が美肌の秘訣!いかがでしたか?日本人は清潔好きが多く、肌を必要以上に洗いすぎてしまうから敏感肌の方が多いのかもしれませんね…。

自然の成分のみで作られた&flowソープは、科学物質が苦手な皮膚常在菌にも優しい石けんです♪肌質や肌の状態に合わせて5種類の洗顔石鹸をご用意しております。自分の肌に合った洗顔石鹸に出会ってくださいね。※初めての方は、全種類それぞれたっぷり2週間試せるサンプルセットがオススメ!
★&flowハーバルソープのサンプルセットはこちら★ 天然のバリア”皮膚常在菌”が美肌の秘訣!皮膚常在菌を味方につけて、肌のバリア機能を高めてあげましょう!

<オススメ記事>美肌のためにはまず美腸!胃腸ケアでツルピカ美肌に
http://and-flow.com/journal/2015/06/05/1435/